Blog

薬やアルコール、科学的に合成された食品の添加物などを酵素によって分解し、
無毒化する活動を解毒(げどく)と呼び、
多機能な肝臓の非常に大切な職責のひとつなのです。


胃食道逆流症の一つである逆流性食道炎は、
3~4日くらい処方薬を飲めば、
押しなべて90%近くの人の自覚症状は消え去りますが、
そうは言っても食道粘膜の腫れや炎症が完全に治ったわけではないようです。


アミノ酸の一つであるグルタチオン(Glutathione、
GSH)は、細胞の機能を低減したり突然変異をもたらすような人体に悪影響を及ぼす物質を体の内側で解毒し、
肝臓のパワーをより強化する力が分かっているのです。


くしゃみや鼻水、鼻詰まりに目の痒み・ゴロゴロするような異物が入っている感覚などの花粉症の諸症状は、
アレルギーの誘因である花粉の飛び散る量に比例しているかのように酷くなるという傾向があるようです。


普通ならば骨折に至らない程度の小さな圧力でも、
骨の一つの所に幾度も繰り返しひっきりなしに力が加わることで、
骨折してしまうこともあるようです。


ポリフェノール最大の特性は水溶性のビタミンCや脂溶性であるビタミンEなどとは性質が異なり、
細胞と細胞の間の水溶性部分に脂溶性部分、
更には細胞膜でも酸化のスピードを遅くする効果を持っているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

コメントは利用できません。